kurepans Ausgabe

忘れたくないことの書置き。あと自己肯定感のための日記。Ausgabeはドイツ語でアウトプット。どうでもいいけどドイツ語でフレームはラーメンらしい。ガンダムラーメン。

週末VRchatのあれこれ

VRchat禁断症状出ました(即堕ち)

今週のは楽しかったから忘れる前に日記にしとこうと思った。

なんと!ようやく今週ちらっとねこますさんに会ってきた。噂には聞いてたけどほんとに普通のおじさんでびっくりした。すぐフレンドオンリー行っちゃったからほんとに一瞬顔合わせただけになったんだけどね。

あともう一つの大ニュース。集会所が再開した。やっぱあの雰囲気好きだわ。妙に積極的に人に話しかけに行ける。逆にjapatownは居づらかった。空間が人間に及ぼす心理うんたらかんたらってやつかな?とにかく集会所で何人か新参の方と喋ってフレンドになれた。割と自分の中では大きな進歩かも。アバターかわいいですねーとか青いいですね自分も好きな色なんですよーとかから入るとほんとにすんなり会話できるって発見があった。知識で知ってるのと実際やってみて効果を実感するのはやっぱ違うね。

 

あとフレンド関連の話。いつも通り金曜はあやめさんグループと喋り倒した。自分が存在することが認められるグループって居てほんとに心地がいい。いつもありがとう。来週は一緒にストロングモンスター飲もうね。

土曜は申し訳ないことに、アマゾンズ6話見たら止まらなくなって結局1部最終話まで見てしまって、気づいたころには2時回ってて慌ててインしたらあやめさんうらむるさんちりさんあたりが軒並み寝てしまってて申し訳ない気持ちになった。ほんとごめん。この後ずっとぬこさんに撫でられてた。楽しかった。

日曜はMAHARAさんが新規さん連れてワールド巡りしてた。ホラークッソ怖かったのとうんこで笑ったのがすごい印象に残ってる。そのあとナナチとあやめさんとぬこさんあたりと30分ぐらい喋ってからアパート戻る準備するために落ちたっけ。ほんとに良い週末だった。なお体調。立ちっぱ&夜更かしの効果もあって、日曜にアパート帰ってから屁と下痢が止まらなかった上に下半身全体が筋肉痛になったでござるよ。

 

余談だけど、ひたすら一人の人に撫でられるのってヤバいね。自己肯定感がメキメキ満たされてくのが実感できる。今週はあんまり喋らなかったけど次会った時ちゃんと共通の話題探して喋れるようにしとかなきゃ。

お前は誰だ?

俺の中の俺~♪

アマゾンズ1部5話まで見た。例のアレで釣られてからずっと見たいと思ってたんだよね。

仁と遥の思想の対立が結構面白い。個人的なイメージだと、仁は自分が犠牲になってでも社会のために正義を全うしようとするとこが年齢的にも境遇的にもロスジェネ世代代表っぽくて、遥が、例え人類の敵であってもアマゾンの心情にも人間の心情にも寄り添い決して一面的な正義は持ち合わせないところが現代っ子っぽい。

 

それはそれとしてタイトルのお話をしたい。昼間VRchat民が結構ザワザワしてた話題について。「VRもってなきゃ人権無い」って言ったやつがいたらしくて結構みんなバタバタと反応してた。俺もそのうちの一人なんだけど、なんだかな、割とそう言っちゃう気持ちは分からなくもないというか。でも誰もVRchatでそんなことは言ってない。それどころか、デスクトップ勢でVR勢に一人混じって人気者だったり、VR勢とガッツリ付き合ってたりする。

 じゃあ何故彼が「人権がない」と嘆いてしまったのか。たぶんそれは、「俺の中の俺」が言ったんだと思う。分かる人には分かると思う。何か行動を起こそうとしたとき、「どうせお前には無理だ。」「ほらお前なんか才能ないんだやめちまえ」とか、誰かと話してる時に「それ言ったら今に嫌われるぞ」「表面上は快く思ってるかもしれないがお前のいない所では何て言ってるか分からんぞ」って、心の中の自分がしゃべるアレ。アレに支配されるとどんな誉め言葉も皮肉に聞こえたりして死にたくなる。だからそういう自分をぶっ殺すか理性の鎖でがんじがらめに縛るか上手く和解するかしかしないと、彼もたぶんずっと苦しいままだと思う。カウンセリングに行く金と時間がないなら(俺もない)、マルチタスクで無理矢理黙らせるのがベストな解決策だと思う。音楽聞きながら絵描いたりゲームするやつ。

 それはそれとしてVRchatでコミュニティの輪に入りたいならやっぱ普通にコミュ力身に着けてくしかないなぁと思ったり。ただまあ、やっぱり先天的なものもある。声に魅力がある人は話が下手でもずっと聞いてられるから経験が積もり積もって結局コミュ力がつく。実際カースト上位は声いい人多いし。そうでない人(俺含む)は、とにかく自分から話しかけないと会話が続かないし、コミュ力がもとからあれば話は別だがコミュ力がないと経験値すら貯まらずずっとレベル1のままだ。

 ただ、こんな俺でも仲良くしてくれる人はいて、その人達とずっと週末喋るのが楽しい。そのためだけに毎週末実家帰ってる。だから、今燻ってる人たちに言いたい。もっと日本人ガチャを引け。誰とは言わんが古参にも新参にオープンな人とそうでない人がいる。自分と相性の合う人は絶対どっかにいるはずだと信じて色んなところに行ってみるべきだと思う。もしかしたら日本人じゃなくて台湾人やロシア人と友達になれるかもしれない。

 

 そういえばボイスなしジェスチャーだけでコミュニティの中心になれてる人を何人か知ってる。あれまじでほんとすごいと思う(語彙力不足) あれはほんとにコミュ力の極致、レベル99だと思った。

コミュニケーションの相談してもらった話

昨日久々に絵描きグルチャで通話があったので思い切ってVRchatでうまく話せないことを相談した。一人ものすごいコミュ力ある人がいたんだけど、例えばお題が「コーヒー」から始まって、銘柄、バリスタ欲しい、砂糖こぼした失敗談、カフェインの話からエナジードリンクの好みみたいな自然な流れで話題つないでて本当に凄いと思った。ちなみに自分は相槌うってただけで終わった。

その人に診断してもらって分かったのは、自分から話題を降らないのがダメらしい。その人が自分から話題を引き出そうとすると気まずい沈黙が流れる。これが良くないんだと。あと一度話始めると言いたいこと全部言い切るとことか。

とりあえず努力の方向性は分かったのでそっちに舵切ってく。

生まれの話

ツイッターで回ってきた生まれ育ちのいい奴は人格的にも~の話を見て自分の半生を振り返りたくなった。

たぶんほとんどの人にとって人格形成のウェイト一番大きいのは親なんだろうけど、親が結構アレな人で、ピアノを3歳ころに始めさせられた。始めさせられた、というのは、楽しむことを目的としてやらせてもらえたわけではなく、徹底的に課題曲を弾けるようになるまで、レッスン以外に家でもできるようになるまで弾かされてたから。それで結局、7歳のころに「お前には才能がない」という理由で辞めさせられた。このあたりから、「上手くなければ意味がない」と、「(初めから)上手くない自分なんてダメな人間だ」がコンボで襲い掛かって人生の至る点で自分で自分の精神を傷つけていたかもしれない。上手さは後からついてくるなんて知ったのは、本当にここ最近の、絵描きサークルに何かの偶然で所属してからのことだった。

話を戻すと、特に自分が生まれた時代というのが、「教育ママ」ブームで、甘やかすな、苦労を背負わせろという意見が世間を覆っていた暗黒時代だったこともあって、こういった親に振り回された同年代は多いのではないだろうか。ここまで聞いて察しの良い人は気づくだろうけど、いわゆる「怒りで子供をコントロールする母親」だったのだ。

それだけじゃない。親以外にも、自分の人生で出会った「大人」という存在は、当時なんとも思わなかったけれど今になって振り返ってみればそういう厄介な人間ばかりだった。野球少年団のコーチには理不尽ないちゃもんで練習を中断してグラウンドをよしというまで走らされたし、小学校の教師は苗字で人を贔屓して喧嘩の善悪を捻じ曲げるし、中学の教師はいつキレるか全く分からない奴だった上に、自分がクラスの連中にいじめられてると相談に行けば「お前に原因がある。お前が悪い。我慢しろ」と逆にキレ返してきた。

ただ、今こうして記憶整理していると、高校からはそこまで酷い大人に遭うこともなかったかもしれない。というのも、成績だけはそこそこよかったので、それなりの高校に通えたからだと思う。そういう上澄みばかりの高校って、成績もだけど性格も悪くない奴ばかりだった。他人を殴らないし、人のものを盗んだり勝手に使ったりしないし。で、やっぱり授業参観とかでも中学の頃と比べて親の参加率が段違いに高いし服装が整ってるし、それで「生まれと学歴、立ち振る舞い」の話とリンクした。ただまあ、そういったひとたちとのコミュニケーションは上手く取れなくて結局孤立したけど。

そのコミュ力の話につながってくるのが大学の頃で、めっきり人との交流が減った気がする。というのも、うまく人と話せないから講義を合わせられないし、講義を合わせられないから友達ができない。3年4年になってくると講義のある日のほうが少ないことも珍しくなく、暇な日が結構あるのだが、みんなグループラインとかで予定合わせて旅行行ったり飲みにいったりしてる中、自分は何の才能もないからといつもの言い訳をして家で20時間寝て飯を食ってゲームをやってまた寝るというとんでもない干物生活をしていた覚えがある。今普通に会社で働けてるのが不思議だ。まあ、親や教師のような世代の人間は無意識に警戒してしまってあんまりコミュニケーションとれてないのだけれど。

生まれの話から凄いずれたし文章めちゃくちゃだけど色々吐き出してすっきりした。ブログって自分語りしても誰も怒らないからいいよね。作って正解だった。

今日はペットショップでインコを眺めて癒された。明日もがんばるぞい。